【5月18日☆水曜FujiyamaSunrise☆御礼】

南條亜紀子です👘
今週水曜・18日も思い思いにおつきあいいただきまして
心より御礼と感謝を申し上げます

☆あさっ箱☆岡田美術館学芸員・広報の近森愛花さんに、今年度特別展「花鳥風月 名画で見る日本の四季」から、前期(~7月10日(日)まで)のおすすめポイントをピックアップでご紹介いただきました。若冲や北斎以外にも、酒井抱一や速水御舟・上村松園・・・夏美人や水墨画、浮世絵や謎の蒔絵師による優美な文箱等など、自然に囲まれた箱根で季節を感じ、景色や風物を愛で美術品を肌で感じてみては。関連スライドトークやギャラリートークも申込不要で随時開催中。詳細はホームページで!

☆わがマチ元気☆令和3年10月に国登録有形文化財に登録された旧岸邸(施設名は東山旧岸邸)、市内では5件目の登録です。記念講演会「吉田五十八建築と近代数寄屋の魅力」を6月7日(火)、11時~・14時半~、各35名(抽選)、入場料込み1500円、〆切り5月22日で開催、参加者募集中です。施工担当した水澤工務店の川嶋健史さんによるお話は、スライドやイラストなどが使われ、分かりやすい説明で専門知識が無くても気軽に参加できそう。建築史の観点からも注目されている岸邸、当日は普段上がれない2階も観ることができます

☆UMAうま楽し。☆5月7・8日初めてGSK主催で開催された、内国産馬場術大会会場レポート後編。全写連沼津支部の皆さん、馬の撮影は初めてだったようで、美しさや被写体としての表現がとってもステキでしたね。いつかは”富士山と馬、これだ!”というショットを見せて欲しいと期待しちゃいました。セントジュージ賞典課目で出場した人見美代子さんは、とっても優雅に美しく愛馬・ソマレッロとパフォーマンスを披露。今回は、事務局で簡単な形でしたが表彰式(メダル・記念品目録授与)も行いました。そして、大会の進行善し悪しを決めてしまうとも言えそうな「スチュワード」というポジションについて、白井華子さんに聞くことができました。とても細やかな気配りは大変そうですが、楽しそうに説明してくださいましたね。馬術競技は関係者のみで開催されているイメージが強いのですが、NTCという立派な施設なので、いろんな人に知って欲しいし、今回のようなオープンな開催もこれからは必要になってくるかも?と感じてくださったようです

来週☆水曜日も
お楽しみに、ね(^_-)-☆


Present リスナープレゼント