24&25日☆「Fujiyama Sunrise」☆御礼

水&木 7時のサンライズ~(^^♪ 南條亜紀子です

この時間もお聴きいただきまして
また、メッセージやリクエストをお寄せ下さいまして
本当にありがとうございましたm(__)m

朝時間、一緒にHappy&Luckyに~💛

24日☆水曜日
【フレッシュ あぐり~ん モーニング!】JA御殿場 №544・2018・1月号からのピックアップ情報。新年のご挨拶や抱負、確定申告の説明、各支店活動情報、女性部・青壮年部の情報などなどお伝えしました

【楽し 懐かし 学び舎 校歌】裾野市の不二聖心女子学院の校歌でした。関西の実業家・岩下清周さんが開いた不二農園と、彼が農園で働く人々の子女のために建てた温情舎小学校がルーツなんですね。温情舎小学校の校歌は現在の校歌と異なり、宝塚歌劇団創立者・小林一三さんが作詞、宝塚歌劇団が作曲しています。不二聖心女子学院の校歌は、フランス文学者で南山大学の名誉教授になられた木村太郎先生。作曲は、カトリック教会幼稚園教諭として生涯を尽くされた松井寿喜子先生です

【わがマチ元気!】2月11日(日)、14時~、御殿場高原時之栖桜の礼拝堂で「Emi’s Mild Valentine Live」を開催する、裾野市在住・日本シャンソン協会正会員 シャンソン歌手の斉藤絵美さん。スタジオから、歌に託す思いとライブについてお話を伺いました。ゲストボーカルに堀江きよさん、ピアノは、氷川きよしの「男花」を作詞作曲した梅原晃さん、ベースは岩瀬勇一さんを迎え、ポップスも織り交ぜて、一足早いバレンタインデーをお届け。詳細は、オフィスEMI HPをチェックしてください

25日☆木曜日
【おなやみ相談室】テーマは、失恋しちゃったときの乗り越え方。大泣きしたり愚痴をこぼしたり…するのも発散にはなるけれど、根本的な解決にはならないとか。なぜ別れたのか?それは、出会うべき人では無かった、そのための気づき・学びのチャンスだったと考えて、そこで自分が成長できるはず。一回りも二回りも大きくなった自分にこそ、出会いはやってくる~そうですよ

【食の玉手箱】スパイスコーディネーター協会認定、スパイスコーディネーターマスターの湯山真由美さんに「生活に上手にスパイスを取り入れましょう」とお話を伺いました。生姜で身体を暖めること、へーぶでうがいをする事、塩漬けのお野菜にも少量のスパイスを振りかけることで味わいが深くなったり、豊かになるんですね~。「Tokibako」さんに行くと、直接・詳しくお話ができます

【安心安全知恵福路】
Q、運転経歴証明書とは?
A、運転免許証の自主返納制度で、返納後に交付される身分証明書として使えるものが「運転経歴証明書」です。本人の写真とともに、住所・氏名生年月日、取り消し前5年間の自動車等の経歴が記載され、平成14年(2002)より導入。返納方法は全国同じで、免許センターか管轄の警察署でOK。持ちモノは、1.認印と運転免許証、2.交付手数料、3.申請用写真1枚。内閣府の調査では、実際に返納した人の理由としては、「自分の身体能力の低下などを感じた時」が64.8%、次いで「家族や友人、医者から運転をやめるように勧められた時」が37.4%。一方、運転免許証を返納した後、身分証明書として使用できる「運転経歴証明書」が交付されることを知っているか?の質問には「知っていた」が52.9%、「知らなかった」が45.1%。身分証明のためだけの運転免許証ではないという事を再確認するきっかけにもなりそうですね

 

あなた~のココロにオンエア🎤
今週もお付き合いくださいね

 


現在、プレゼント企画はございません。次回までお待ち下さいね。